2017年09月18日

盾と武器攻撃の仕様変更

乱数に左右される要素は減らしていきたいという方針がありましたが、その関連でちょっと大きめな変更をしました。

攻撃に関する変更

<変更前>
・武器を選んで攻撃
<変更後>
・武器からさらに攻撃方法を選んで攻撃
<解説>
直剣を装備してるアルフレインは斬り払い(斬属性)刺突(突属性)を選ぶことができます。今までの直剣通常攻撃は「斬突」の複合属性の攻撃でしたが、今回はどちらからか選ぶ方式ですね。
場面は物語最序盤なので、まだふたつの攻撃方法しかありませんが、これは剣技能の上昇に応じて増えていきます。

この変更のなにが良いかと言うと、今まで確率に依存させていたデバフ攻撃などを戦略に組み込むことがしやすいわけです。

どういうことかというと、例えば今までメイスでの攻撃には朦朧付与(低確率)という効果もありましたが、実戦でこれを戦略手段に組み込むのは困難でした。出たらラッキーという確率まかせの効果です。それを今回の変更に組み込むなら、メイスでの攻撃はこんな感じに↓

・殴打 (通常攻撃)
・脳天割り(ダメージ+朦朧付与。行動ゲージ消費と武器消耗が大)
・骨砕き (ダメージ+筋力低下付与。行動ゲージ消費と武器消耗が大)
・その他、技能上昇に応じて

技名がロマサガなのは便宜的に…というか仮称ですが、このように狙って出せるようになります。
以前の仕様では、そもそも鈍器に朦朧付与が付いてることに気づかなかったプレイヤーも多いでしょう。
今回の変更により、その武器でなにができるかというのが明確になります。スキルの牽制射撃や狙撃などもこんな感じに統合してしまってもいいでしょう。

その他、ポイズンアローという毒矢を武器で出してたんですが、<毒攻撃>というスキルにして技に組み込んでもいいかもしれませんね。スキル持ちなら弓矢の攻撃手段に毒攻撃が加わる。すると毒矢は廃止することに?……ここはもう少し吟味します。

ただ、あまり派手な技は出さない予定です…というのも、馬に乗ってることも多いので、アニメーションが問題になるわけです。ロマサガの乱れ雪月花のような派手な技を覚えるとして、乗馬中どうするか、飛竜に乗ってる時は?…と考え出すと、まあ無難に攻撃手段を増やすに留まることになるのかなと思います。


●盾に関する変更

<変更前>
・被弾時に確率で盾防御
<変更後>
・被弾時に敵の攻撃属性と自分の盾モードが合っていれば必ず発動
<解説>
盾装備時に、盾モードというものを選ぶことができます。
例としてアイアンバックラーは斬打突射(射は防御効果半減)に対して発動しますが、その4つからあらかじめモードを一つ選んでもらいます(デフォルトは斬)。

ここで「突」をモード選択したとしましょう。槍での攻撃とか魔獣の牙がこの属性ですね。
すると突属性の攻撃を受けたときは100%発動し、他の斬打射およびその他魔法属性の攻撃に対しては一切発動しなくなるという、これが新仕様の盾モード防御となります。
これにより強力な敵の攻撃属性に盾モードを合わせて突撃するなど、より戦略的に動かせるようになったと信じます。

このモードも盾技能が上がることにより、単品から「斬打防御モード」や「突射防御モード」などの複合属性に対応できるようになります。

また、相手の攻撃が複合の「斬打」属性などを持っているときの挙動ですが、この場合「斬」か「打」のモードどちらかが張ってあれば盾が発動します。こういった複合属性攻撃は威力も強力ですが、その分防ぎやすくもすることでバランスを取ろうと考えてます。

また魔術の水の魔弾(打水属性)なんかも打モードの盾で防ぐことができますね。逆に純粋な火属性とかは斬打突射のモードでは対応してないので、火も防げる盾で「特殊モード」というものをつけると防げるようになる予定です。


以上が変更事項です。本当はひたすらシナリオの方を進めていくべきなんですが、思いついてしまったので実装してしまいました。本編の完成は……まだまだかかりそうですね。




posted by 渡鳥之 at 20:12| Comment(0) | 開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。