2018年01月01日

2018年、リリース目標

2018年になりました。2014年に制作開始したインペリアライザーというプロジェクトは今年の夏で制作4年目になります。

ところでこの2018という数字はなかなか綺麗だなという印象でして、ぜひ当ゲームは今年にリリースしたいですね。2019だとちょっと濁る感じです。以下、理想論。

<制作全体の理想>

残り15章を1週間に1章作れれば、105日でステージ制作は終了する。つまり3ヶ月でエンディングまで制作可能である。その後1ヶ月を全体の調整にあて、もう1ヶ月をデバッグにあてるとして、合計5ヶ月。最短のリリースは2018年5月となる。

<問題点>

1週間で1章というのはかなりのハイペースである。また残り15章は目安であり追加される可能性がある。

<一週間の理想>

1週間に1章を作るためには、1日で全体を構想し、1日でマップを制作し、1日で会話テキストを書き上げ、1日で配置と思考ルーチンを作り、1日で大まかな調整をすることで5日。残り2日は不足しているグラと音楽の補填にあてる。

<問題点>

労働の疲労度によって作業困難、もしくは不可能な日がある。グラと音楽の補填は休日でなければ1日では不可能。また予期せぬバグが発生した場合、1日から数日が修正に費やされる場合がある。

そして、以上の問題点をクリアするためには、常にモチベーションを最高に保つ必要があるが、かなりの困難である。



改めて書いてみるとなるほど…という感じですね。しかし不可能ではない気がしてきました。

ソースコードの可読性を上げ、作りやすい環境を整えたのも今年の追い上げのためであり、ひたすら完成に向けて作るなら今年のリリースは充分に射程距離内ではないかと。

中国の古典(読史管見)にも「人事を尽くして天命に聴す」とかくありきなので、ここはそれに倣って人事を尽くす一年にしようと思います。

今年はそういった次第なので、一ヶ月に一回、月末に制作進捗と称して当ブログを更新していこうと思います。どうぞよろしくお願いします。
posted by 渡鳥之 at 11:14| Comment(0) | 開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。